毎月つらく悩んでいる生理痛…

女性にとって生理はかかせないものです。長年つきあっていかないといけないので出来れば毎月の生理痛からは解放されたいと思ってるのではないですか?気分がすぐれない程度の人から1~2日目が動けない人まで…低用量ピルの効果なども知って改善をしていきましょう。

*

最近では増えている低用量ピル『トリキュラー』を個人輸入する方法

      2017/08/11

トリキュラーは100%に近い確率で避妊出来るということで、女性の間で需要が高まっている低用量ピルです。

ただし現在、国内の薬局やドラッグストアで購入することは出来ません。入手するには病院の婦人科などで診察を受けて、処方箋を出してもらうことになります。そしてピルは健康保険が適用されないので自由診療となり、治療費は全て自己負担となります。

個人輸入だとリーズナブル

病院によってトリキュラーの価格は違います。多くの病院が、1シート21錠入りまたは28錠入りで提供しています。

さらに通院すると診察料の他に、人によっては血液や尿検査などの検査費用も掛かります。最近の総合病院は混んでいることが多いため、予約待ちをしている内に手持ちのピルがなくなってしまうという心配もあります。

その点、個人輸入代行サイトを上手に利用すれば、オンライン上の申し込みだけで手軽に購入が出来ます。1シートあたりの価格は大変リーズナブルで、まとめ買いをすれば割引もあって、1シートがさらに安価になります。

通院不要で入手が出来る上、家計の節約にもなるということで、ここ数年は通販サイトの利用が増えている傾向にあります。

特にトリキュラーは、低用量ピルとしては海外でもポピュラーな医薬品なので、品質に問題はありません。病院の処方で入手が出来るものと成分は同じです。また配送可能なエリアはほぼ全国に対応しており、注文後に確認メールが送られてきます。そして入金が確認されれば、すぐに商品が発送されます。発送が完了すると追跡番号を知らせてもらえるので、商品の配送状況をインターネット上で確認が出来ます。

代行サイトのサポートも初めに確認

申し込んだ商品は、国際郵便書留で送られてくるため安心ですが、万が一届くのが遅いと感じる場合は、サポートセンターに問い合わせることが出来ます。

代行サイトは発送したら終わりではなく、購入者が確実に入手するまでサポートしてくれます。注文の際に名前と住所、クレジットカード情報を入力しますが、最新のセキュリティシステムを導入しているため、個人情報が流出する心配はありません。

ただし個人輸入代行なので、注文後の変更は出来ません。

そのため注文時に商品名と数量を確認することが望ましいです。その他、購入が一定金額以上になると送料無料サービスが受けられますので、まとめ買いの方が節約になります。支払いは銀行振り込みの他にクレジット払いも可能です。送られてくる場所が海外となりますので、ほとんど代引きは使えないようです。

さらに代行サイトに会員登録をするとポイントが貯まり、次の購入時から利用が出来ます。代行してくれるサイトによって違いがありますので、注文する前にきちんとサイト内の記載を確認しておきましょう。